Environment 環境

廃棄物管理

廃棄物管理

廃棄物排出量の推移

2021年度の廃棄物排出量は 22,686トンで、前年度比 12.1%増加しました。
2021年度から取り組みを開始したエコビジョン2030では、2030年にありたい姿として「有効利用率95%以上」、「2018年度比 排出量原単位 年1%以上削減」を目標として掲げています。
2021年度の有効利用率はグループ全体で91.3%であり、前年度比1.3%改善されました。2030年の目標である95%以上を達成するため、今後も廃棄物の有効利用化に取り組んでまいります。
また2021年度の廃棄物原単位はグループ全体で0.068トン/百万円であり、2018年度比0.7%削減していますが、目標は達成しておりませんでした。今後も工程の改善を進め、廃棄物削減に取り組んでまいります。
小牧工場では3R活動の推進の一環として、リサイクルセンターの入口にディスプレイ付スタンドPCを設置し、訪問者に対して活動の情報を発信しています。

廃棄物排出量の推移(グループ連結)

廃棄物の適正処理

廃棄物が契約通り処理されていることを確認するため、定期的に廃棄物処理業者を視察しています。2021年度は39か所を視察し、適正に処理されていることを確認しました。

日本特殊陶業株式会社