Society 社会

社会的課題の解決に寄与する技術・製品・事業の開発

社会的課題の解決に寄与する技術・製品・事業の開発

社会的課題の解決に寄与する技術・製品・事業の開発

当社グループは、社会的課題の解決に資する新たな価値を共創・提供することを目指し、社会の要請を捉えて、技術・製品・事業の開発に挑んでいます。

燃料電池

固体酸化物形燃料電池(SOFC)は、発電効率が他の燃料電池と比較して高く、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減効果が高いため、クリーンなエネルギー源の一つとして期待されています。
当社グループは、来たるべき水素社会の構築に貢献することを大きな事業テーマに掲げ、SOFCの発電をおこなう「スタック」の開発を推進しています。

TECHNO GALAXY 「世界最高水準の燃料電池をつくる」

無鉛圧電材料

身近な生活機器の中で広く利用されている圧電セラミックスは、環境や私たちの健康に悪影響をおよぼすことが懸念される鉛を含むことが懸念されています。
当社は、鉛を含まない無鉛圧電セラミックスを開発し、代替促進を目標としています。

無鉛圧電セラミックス

センシングIoT

さまざまなモノがインターネットを通じて有機的につながるIoT(Internet of Things)時代において、センシング技術が果たす役割はますます重要度を増しています。
当社の幅広いセンシング技術とIoTを組み合わせることで、自動化、最適化、汎用化などによる事業の効率向上に役立てていきます。

TECHNO GALAXY 「空気や温度をセンシングする」

社会的課題を解決するテーマの探索と調査

社会の要請を捉えるため、さまざまなや団体やプロジェクトに参画し、社会的課題の解決に資する新たなテーマを探索・調査しています。

 

・Hydrogen Council(水素協議会)

Hydrogen Councilは、エネルギーの移行に向けた水素技術の重要な役割について長期的ビジョンを示す、CEOレベルのグローバルなアドバイザリー機関です。当社はサポーティングメンバーとして参画しています。

Hydrogen Council

 

・MATSURI(まつり)

MATSURIとは、光合成を活用した藻類の生産を通じてカーボンニュートラル実現を推進する企業連携型プロジェクトです。多種多様な業界からさまざまな企業が参加し、藻類培養に関わる設備の開発や物流網の整備、商品の開発・販売など、藻類の生産から販売に至る全ての役割においてパートナー企業が事業を展開し、一体となって藻類産業の構築を目指しています。

MATSURIプロジェクトの詳細

ニュース>カーボンニュートラルの実現に向けて藻類を活用した新産業をつくるプロジェクト「MATSURI」に参画  

 

・eFuel Alliance

eFuel Allianceは、地球温暖化防止に貢献するeFuelを確立・普及させ、世界中で受け入れられるようにすることを目標とする団体です。
※eFuelとは:二酸化炭素(CO2)と水素(H2)を合成して製造された燃料を合成燃料といい、そのうち特に、再生可能エネルギー由来の水素を用いた合成燃料を「e-fuel」といいます。大気中のCO2を原料としているため、e-fuelを燃焼しても大気中のCO2は増加しません。

eFuel Alliance

日本特殊陶業株式会社