Society 社会

グローバル人財マネジメント

従業員意識調査

当社グループでは、①従業員のモチベーションや負担感の把握、②長期経営計画で掲げる行動指針”Change(変革) with(共生) Will(志)”の現状把握・効果検証・施策検討、③結果検討を通じた職場改善の3つの目的のため、従業員満足度調査を実施しています。
部門ごとの結果は各部門長にフィードバックし、各部門長はその結果から自組織の現状と課題を把握しています。エンゲージメントが低い項目については、部門内での意見交換などを通して対策を考え、職場改善につなげており、中にはプロジェクトを立ち上げて積極的に活動していくカンパニーもあります。また、人事部門は各職場の若手従業員にヒアリングを行って課題を抽出するなど、より良い職場環境になるよう取り組んでおり、従業員満足度調査は改革のための重要なツールとなっています。

2021年度の回答率は87.2%、満足度は46.6%で、前年度より大きな変化はありませんでした。
当社グループを取り巻く外部環境は急速に変わってきており、また社内カンパニー制の導入や分社化など、当社グループは大きな変革期の中にあります。従業員エンゲージメントを向上させるべく、継続的に社内に向けて情報発信を続けることはもちろん、各カンパニーや個人の頑張りを評価・報酬に反映させるなど、人や職場環境への投資を進め、従業員満足度調査の結果が向上するよう努めていきます。